避妊の仕組み|緊急避妊薬のアイピルを備えておこう!【アフターピルNAVI】

避妊の仕組み

Drugs and money

緊急時に使うことができるアフターピルや、日常的に飲むことで妊娠を防げる低用量ピルといった避妊薬は、「女性ホルモンに働きかける」という効果を持っています。女性の体は妊娠の準備を整え、実際にそれをスタートさせるときに女性ホルモンを働かせますが、避妊薬の成分がそのような動きをストップさせます。
低用量ピルの場合は、定期的に妊娠可能な状態になる女性の体に働きかけ、卵巣の働きをお休みさせて「そもそも妊娠可能な状態にしない」というふうに働きます。一方、アフターピルの場合は妊娠の準備がすっかり整ったところに働きかけ、受精を妨げ、子宮の状態をいったん白紙に戻すよう促します。
アフターピルの場合はより強い働きを持っているので、腹痛や嘔吐感などの副作用が出ることもあるようです。普段から、嘔吐感があるときにガマンすることがなかなかできないという人は、嘔吐感を抑えられる「乗り物酔いの薬」を用意して一緒に飲むといいでしょう。

ただし、アイピルなどのアフターピルを使うときには、気をつけるべき点が一つあります。
この薬は24時間以内……ギリギリ72時間以内に飲まなければ十分な効果を発揮できません。体質にもよりますが、すでに卵子が卵管を出て支給にいたり、精子を迎える準備ができている日に避妊具を使わないセックスを行い、精子が侵入してくると、だいたい24~72時間のうちに妊娠の最初のステップが完成してしまうのです。つまりそれ以前に、アイピルなどのアフターピルを飲まなければならないというわけなのです。